Top > ブログ

未分類

台湾の旅- 高雄

さて、高雄で行きたかったところはほぼ行ったので、
今日はどこへ行こう。

ホテルでいつものようにビュッフェを食べたあと、
高雄で有名な観光地という左営蓮池潭の「龍虎塔」へ。
パワースポットというから、行きたい。

まずは、
朝美麗島駅のステンドグラスのショーを見て、
銀行で換金した。銀行の窓口は日本のそれとほとんど同じ。

最寄りの左営駅からバスに乗って向かうことにする。
左営駅までMRTで、そこからバス停で待っていると、
なにやら不思議な雰囲気をまとう女性が話しかけてきた。

そして、その後また別の不思議な雰囲気をまとう男の子も話しかけてきた。
メガネがやや曇り、別の方向を向きながら、早口に、
無料のタクシーがくるんだという説明をしてくれている。
内容は理解がうまくできなかったけれど、
せっかく教えてくれたので、言うことを聞いて、
バスもパスしてそのタクシーとやらを待つ。
でもなぜバスは有料でタクシーが無料になるのだろう。

15分ほど待っていると、本当にタクシーがやってきた。
無料だと言うので乗り込む。
さきほどの男の子も乗りたかったのかそうでないのか分からない。
タクシーはあっという間に店員になり、出発。
男の子が少し寂しそうなそぶりを見せた。

龍から入って、虎の口から出ると、罪が浄化されるという。
雨も降っていたけれど、きちんとパワーチャージ。
龍もいて、そのくねくねの中に入ると、仏教説話の壁画が描かれていた。

高い塔を上がったり降りたりしていたらすっかりお腹が減って、近くをさまよい、
近くの露店で揚げ団子を買い、セブンイレブンで、娘のいちご牛乳、
近くの露店で大人用のドリンク、はちみつレモンジュースと、冬瓜ミルクジュースを買って、
パン屋でネギパンとあんぱんを買って、テラス席に座る。

今まで台湾のローカル食に少し疲れていたのか
娘のイチゴ牛乳とあんぱんへのかじりつきはげしく、
ペロリと食べてしまった。

そこから、バスで市内へ戻ることにする。
たまたま近くをバスが通り飛び乗ったもののそれが逆方向へのバスで、
乗り換えて、またバスに乗り、渋滞に巻き込まれずいぶん時間をかけて戻る。

それから、日本統治時代に運河として開拓された高雄運河で小さな観光船に乗る。
ネオン色が輝く中、
娘の興味は目下、手に握りしめ、持っていた数日前のハートの形の木の実。

夜は、道を聞きながらようやくたどり着いたスーパーでお土産を買い、
ガイドブックに載っていて行こうと思ったお店が閉まっていて、
成台湾という店で、サバヒー粥、魚とエビの水餃子、サバヒーの捲餅、肉燥飯を。

最後、力を振り絞り、美味しいというヌガークラッカーを買い求めに。

ホテルで、娘が静かにしているなと思ったら、
一人でトイレを済ませていて、
パパママと大きな声で呼ばれないことに
どことなくさみしい気持ちになる親でした。

台湾の旅- 高雄

朝食は、昭来ホテルの食堂で。
ローカル色が強く、ホテルオーナーのおばちゃんおじちゃんがその辺りをフラフラ。

「トレンドの発信地」と呼ばれる新堀江に立ち寄る。ほどよく気持ちの良い気候で、半袖に。

一晩泊まったあと、次のKiwi Hotelへ。
いつの間にか車輪の取れていたスーツケースを持って歩くのは一苦労。

MRTに乗ったあと、ホテルの最寄りの駅からタクシーへ乗り込む。
タクシーのおばちゃんが陽気で、
わりとメジャーな場所にあったホテルだが、場所が分からないようで、
携帯でどデカイ声で誰かにホテルへの道を聞きながら、
ビュンビュンと進む。

ホテルでチェックインを済ませたあと、ローカルバスに乗って、
鉄道や倉庫の跡地を利用した、アートスポット、駁二芸術特区あたりへ。

バスの中で、どこで降りるのかモゴモゴとやっていたら
日本語が流暢なおばあさんが、話しかけてくれた。
気品のある白髪のおばあさん。
抱っこ紐をつけるのも軽やかな日本語を操り、手伝ってくれる。

まずは、鹽埕埔駅近くの米糕城で、
米糕と、四神湯。
その後、鴨肉珍で、鴨肉飯を。
どちらもローカルの人たちでごった返し。
鴨肉飯では、行列ができていて、
店の人が熱々の料理を手際よく進めて行く。
小さな赤ちゃんをベビーカーに乗せながら、そのそばで皿洗いしている店員もいる。

駁二芸術特区は、数多くの凧が空に浮かんでいる。
ところどころに作品が並び、遊びながら、
一息ついたところで、高雄の港に腰を下ろす。

タピオカミルクティーを飲む。
倉庫街は大勇倉庫、蓬莱倉庫、大義倉庫の3つのエリアに分かれていて、
そのどこも賑わっている。
若者がビールを飲んだり、
木育森林という店も人気。

ずいぶん暗くなってきたところで、
六合国際観光夜市へ。

牡蠣の入ったオムレツ、
エビのチャーハン、ビーフンをいただく。

北海道。

FARM TOMITAと夜のプール。